Ready-or-Not TM Test Tool (Readiness Monitor Tool) Scan Tool - Emissions Tester


価格: ¥26,280 全国配送無料   詳細

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について

メーカー廃版・生産終了品。再入荷予定はありません。

お探しの商品が見つかりませんか? 今すぐお探しの商品をリクエストしましょう!
価格: ¥26,280 全国配送無料   詳細

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について

メーカー廃版・生産終了品。再入荷予定はありません。

欲しい物リストに追加 Toggle Dropdown


  • 【注意】 この商品は米国で販売されている商品です。
  • 【注意】 この商品は新品です。
  • 【注意】 この商品に付属する説明書類は英語です。
  • この商品は当ストアによる日本語での製品アフターサポートをご利用になれます。

商品の特徴

・丈夫で、インストールも使用方法も簡単、あなたの必要なもの全てを搭載
・電池不要
・全てのOBD-II規格の車両に対応
・ソフトウェア設定可能、フラッシュメモリー対応
・可視インジケータ、スピーカー内蔵
・チェックエンジンライトのオフ
・トラブルコードの読み込み、消去
・リアルタイムパラメータの表示
・排ガスレディネスチェック
など。


商品の説明

OBD-II規格車両の修理が終わった後、ユーザーが修理店に最も良く聞く質問は、”どうしてこの車を再検査できないのですか?”
続いて、”もう運転していいんですか?どうやってそれがわかるんですか?”ということです。

Ready-or-Not test toolが、このような質問にお答えします。
Ready-or-Not test toolは、OBD-II規格車両がOBD-II検査(U.S.特許# 7,012,512)を受けられる状態にあるか、自動車整備士がそれを決定するために使用するツールです。
車両の診断リンクコネクターに接続し、車両がOBD-II検査を受けられる状態になった時、アラームで知らせてくれます。

近年の車両は、検査が完了したかを示す装備が不十分です。
その結果、ユーザーは、エンジンコントロールユニットによる、必要な全ての検査が完了する前に、車両を修理店に度々持ち込むことになります。
コンピュータの準備が整っていないので、車両は検査不合格となり、ユーザー、整備士どちらにとっても時間の無駄となり、フラストレーションをためることになるのです。

Ready-or-Not test toolを使用することで、自動車整備士はOBD-II規格車両が排ガス検査を受けられる状態かを簡単に確定することが出来ます。
そして、ドライバーが再検査のタイミングを知る手助けとなります。


商品の仕様

・ブランド: スキャンツール
・メーカー部品番号: 430100


内容品

・Ready-or-Notユニット
・シリアルケーブル(約1.8メートル)
・OBD-IIケーブル(約1.8メートル)
・ソフトウェアCD


商品の情報

詳細情報
メーカー型番 4301
説明書類の言語 英語
拡張情報
商品番号 35967595
状態  新品
製品販売国/輸出国 米国
梱包重量 544g
カテゴリ DIY・カー&バイク用品 > ScanTool.net

よくある質問と回答


不明な点がありますか?

この商品に関して問い合わせをご希望ですか?助けが必要ですか?
 カスタマーサービスに問い合わせる

カスタマーレビュー

レビューはまだありません